東西霊性文庫 〈小林圓照 : 監修〉

人間の生命(いのち)の落ち着き処を、かりに霊性とかスピリチュアリティと呼ぶならば、日常の何時でも、何処でも、誰にでも、それに気づき、触れることができるでしょう。
 霊性は洋の東西を問わず、人間の営みを豊かにしてきました。いかに虚無と混迷の世界にあっても、生命の真実(まこと)を求め、そこに生きた証拠(あかし)があるものです。
 この文庫の作品が、エッセイ・論説であれ、古典テキスト・翻訳であれ、詩集・対話集であれ、読んでいただく方々、一人ひとりの心を悦ばし、明るく生きる資糧(かて)ともなれば、発願の志(こころざし )はかなえられるでしょう。
 文庫を通じて、世界がお互いの魂(たましい)の自在な躍動-エラン・スピリテュエル-の場となれば、どんなにか楽しいことでしょう。

gennin

1  原人論を読む

—人間性の真実を求めて〈小林圓照〉【仏教の大意を説く】仏教入門の古典として親しまれ、人間本性の探究が仏教でもあると説く圭峰宗密の名著。原文・書き下し文に和訳・解説を付す〈「人間論」を説く仏教書の古典的ベストセラー〉本体価格 2,300円
nami

2 波即海

〈なみ・そく・うみ〉—イェーガー虚雲の神秘思想と禅〈清水大介〉【神と無は別物か】諸宗教の調和と共生を考える重要な道標となる、世界禅の唱道者(イェーガー虚雲)の思想とその行跡を初紹介。豊富で詳細な註と索引を付す。〈キリスト教神秘主義と禅の同質性に迫る話題の書〉 本体価格 2,300円
hataori

3 はた織りカビールの詩魂

—カビール信愛の歌〈小林圓照〉書評→
インドの誰もが知っている織工カビールが差別をのりこえ、モスレム・ヒンドゥー調和を説く魂の声を聞いて下さい。原詩と和訳を付す 本体価格 2,300円
kirisuto

4 キリスト教と
    仏教をめぐって

—根源的いのちの現成としての「禅」〈花岡永子〉【仏・キに通底するもの】キリスト教と仏教の根源に遡ると森羅万象が成り立つ「根源的いのち」に行き着く。両教に通底する「禅」に生きることの意味を究明する 
本体価格 2,400円
bukkyounaze

5 仏教になぜ
   浄土教は生れたか

〈松岡由香子〉他者による救済の宗教である浄土教が、なぜ自覚の宗教である仏教の中に生まれ、発展し展開していったのか、その思想史を歴史的社会的影響を踏まえ解明する 本体価格 2,500円
bznkei

6 盤 珪

—不生のひじり〈小林圓照〉【親の産みつけた仏心のままに】キリスト教と仏教の根源に遡ると森羅万象が成り立つ「根源的いのち」に行き着く。両教に通底する「禅」に生きることの意味を究明する 
本体価格 2,300円〈在庫切れ〉

鈴木大拙没後50年 未発表論攷を刊行

muryou

7 無量光・名号
〈英文対訳〉鈴木大拙書評→

 第1弾 !  大拙がシェイクスピアやヘレン・ケラーにも言及しながら平易に解く阿弥陀浄土や名号の世界は、当時の欧米諸国だけでなく、現今の日本人にも必読の「自己探究」の書である 本体価格 1,480円
myoukou

8 妙好人、浅原才市を読み解く〈英文対訳〉鈴木大拙

 第2弾 !  〈他力は自己の外ではなく内にある〉才市のノートブックを題材に、阿弥陀そして浄土の真髄を解き明かす  付録:「鈴木大拙略年譜」「鈴木大拙主要著作一覧」
本体価格1,250円
bunko9
NEW!

9 アジアの社会倫理の底流と仏教思想〈英文対訳〉
鈴木大拙

第3弾 ! 孔子や老荘、華厳や禅の思想を読み解き、現代社会の道徳的実践に不可欠な「内面の促し〈インナー・アージ〉」に耳を澄ます、本邦初訳の論文集 
本体価格 2,000円

genpa
NEW!

10 原発 瞬楽永苦 目次→

—日本社会のエートスと仏教の位相〈島崎義孝〉「核と人間」をテーマとしたこの作品を手にすれば、人間社会の業という十字架上に、いま自分たちが釘打たれているという自覚なしには、決して読み通すことはできないでしょう。現代の一禅僧が編んだ「核」問題のバイブルとして日本人必読の書となっています
本体価格 2,400円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご注文は↓


   to top TOPへ戻る